会社紹介 スタッフ紹介・代表挨拶

代表挨拶

[写真]有限会社アクアシスト 代表 川津正裕

建設業界に足を踏み入れてから20数年、たくさんの業種の下請け工事を行ってきましたが、実際に手を使い汗をかいている職人にとっては、納得のいかない仕事は日常茶飯事でした。
会社の都合、営業の立場の問題、予算の問題……。
この業界で生きていくためには元請けにならないといけない――。常にそんな思いがありました。

私の舅は昔ながらの大工でした。
昔はご近所さんから信頼関係だけで仕事を受注していたそうです。
もちろん見知った顔のご近所さんですから、下手な仕事はできません。
自分の仕事への「プライド」と「生活」。
昔の職人たちの思いの主軸にはそれがあり、また世の中の仕組みとも上手く噛み合っていたんだと思います。

時は流れ、大手企業が町場の工務店業に参入してくると、多くの工務店は自社受注が難しくなっていきました。
そして自社受注の難しくなった工務店は、徐々に施工管理という名目企業の下請けとなっていったのです。

さて、その結果どうなったでしょうか。
大手企業にシステム的に管理された仕事は良い結果を出しているのでしょうか?
業界の真ん中で仕事をしている私には、おおよそそうは思えません。

大手企業は利益・売上を優先し、現場で汗をかいたことのない営業マンは安価な見積もり競争を繰り返し、平気でその仕事を下請けに流します。
経営のため仕事がほしい下請け業者は納得できない仕事でもなんでもやるようになりました(もちろん、そうじゃない人たちもいますが)。

大きなビルを建築するためには、たくさんの人手が必要です。
当然、システム的に管理しなければならないでしょう。
しかしトイレリフォームなどの身近なものは、できる限り実際につくる職人がお客様と近いところで仕事をする、それが本来の姿だと私は思います。

そのためには、職人も色々な勉強をし、知識を得て色々なことができなければなりません。
私たちのリフォームはつくり手である職人が、直接お客様と接します。
そこにあるのは企業の利益・反映だけではありません。
仕事への満足感と自己の生活、その結果、お客様に満足、感謝していただけること、ただただ、それだけです。

私たちアクアシストはお客様と共に喜び、分かち合える、そんなリフォーム会社を目指しています。
まずはお気軽にご相談ください。
きっと、お客様にご満足いただける施工サービスをご提供できるものと自負しております。

有限会社アクアシスト 代表 川津正裕

PAGE TOP

トイレリフォームに関するお問い合わせはこちら TEL:042-776-1579 受付時間:8:00~22:00 24時間受付中! 無料お見積り・ご相談はこちらから